ぜんぶ死神が無能なせい

夜中に俺の部屋をノックしたのは自称「死神」を名乗る少女ラノ子。彼女いわくおれの余命はあと6時間。しかも手違いぃ!?どうやら《余生会》という謎の集会に参加できれば、俺の死は回避できるらしいのだが、その地図も手違いで闇の中へ。おい俺を助ける気無いだろ!?軽快なテンポで畳みかけてくるギャグの波。キミはこのテンションについてこれるか!? 第4回ラノベチャレンジカップ佳作受賞作!