かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear

「ソウタ。私と竜に乗ってほしい」長く続く戦争の中、帝国空軍のエースガンナーとして連邦空軍の敵を撃墜してきたソウタ・カシワギは、ある戦闘で敵―竜騎兵の少年を撃つことができず、戦争が終わったこともあり、除隊処分となってしまう。自らの行くべき方向に迷うソウタの前に現れたのは、“ドラゴンスレイヤー”―人に害為す“黒の竜”を狩る一団の船長と、竜騎兵の少女・シノだった。急かされるようにシノの操る竜に乗せられるソウタだが、目標を捉えたとき引き金を引くことを躊躇してしまうのだが―。第5回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞、少年と少女が竜と人とを結びつけながら、空を翔ける物語。