雛菊こころのブレイクタイム

伊莉也は勉学に追われ友人作りに乗り遅れ、少々ブルーな高校生活をスタートさせた。そんな時悩み事を聞いてくれる“お雛様”の噂を耳にするが、彼女は伊莉也が3年間思い続けていた謎の美少女・雛菊こころだった。不思議な縁から、こころのサポートをすることになった伊莉也。バレー部の部長や恋に悩む上級生、こころのライバルや生徒会長まで、悩みを持った人たちをお助けするこころのブレイクルームに珈琲の香りが広がり始める。