一ナノ秒のリリス

ある暑い夏の夜。赤羽一希が立ち寄ったいつものコンビニは、非日常の光景へと一変していた。そこにあったのは、血の海に沈んだたくさんの死体と、その中心で泣きじゃくる黒髪の少女の姿。混乱する一希の前に、さらに武装した兵士達がやってくる。一希はリリスと名乗ったその少女を連れて夜の街を逃げ出すが、逃走空しく、リリスは連れ去られてしまう。―翌日。連れ去られたはずのリリスが、一希の学校に転入生として現れた。何事もなかったかのように過ぎる日常だが、リリスは何かを隠しているようで…!?「巻き込んでごめんね。あの時、一希があんまり優しかったから、私―」残酷な運命と対峙する疾走系ボーイ・ミーツ・ガール物語、開幕!