稲妻姫の怪獣王

見知らぬ丘で目が覚めて、目の前の少女にいきなり「こんな人間は呼んでいない、私が呼んだのは大怪獣だ」と全否定された高校生・亀楽神楽。身長2m50cm&体重220キロのどこにでもいる高校生とは言えない彼に、少女は自己紹介をする。「私の名前はアーニャ。稲妻姫の称号を持つ吸血鬼である!」少女に首筋を噛まれた時から、神楽の運命は大きく変わることになる。右も左もわからぬ異世界で稲妻姫の奴隷となりながら、神楽は薪割りや盗賊退治など徐々にその生活に慣れていく。しかしアーニャの稲妻を喰らうたびに彼の巨体は、新たな“力”に目覚め始めていき!?