レヴナントガーデン

“想刻器”と呼ばれる、死者の怨念が宿ったモノが引き起こす事件が多発する世界―曰く、それは壁の中から現れる。曰く、それは空を飛ぶ。曰く、それは炎でさえも生み出す―。それらを回収し、封印する特務機関“想刻器対策局”があることを、一般の人々は知らない。その回収課に所属する少年、史賀雪眞。彼は“想刻器”に対し、並々ならぬ激しい憎しみを抱いていた。大切な家族を奪われた過去がゆえ、回収ではなく、破壊することを目論むほどに。やがて、ある事件の中で一人の少女、祈璃を救う。「俺が…護った?笑顔を?」「助けてくれて、ありがとうございました…!」眩しい笑顔の彼女との出会いは、雪眞の心の闇に差し込む光となるのか―!?