カイブツ×カノジョ

空から、何かが落ちてきた。ある日の夕暮れ、僕こと北上景は「ありえない光景」を目の当たりにしてしまい、その落下地点へと足を動かしていた。行き着いた先で見たもの、それは―西洋人形のような金髪美少女(しかも生まれたままの姿!)だった。そして背中には『黒い羽』!?何者なんだ、この子は…と、とりあえず保護することにしたけれど…目を覚ました少女は、紅い瞳をこちらに向け、不遜な態度で話し、あまつさえ人の手に噛みついてくる。本当、何者なんだよ!あげくの果てに言い放つ―「我は伝説の『竜』なり」「『竜』と『人』は、相容れない」「お前は、私の『しもべ』だ」こうして、元『竜』の少女と僕の非日常主従ライフが始まった―!!