彼と彼女の不都合な真実

下宿先へと向かうため十数年ぶりの空の旅を終えた御鷹一は、空港で大きなカバンを服代わりに着た不思議な少女、トトリと出会う。変ないきさつから同行することになってしまった一たちは、突如として完全武装した集団からの襲撃を受けてしまう。それはトトリが持つ「不都合要因」―ヒューマンエラーが原因だった。トトリを引き渡せば危害を加えないと言われるが、自らもまた「エラー」を持つ一は、トトリを護ることを決意する―!第2回講談社ラノベ文庫新人賞“優秀賞”受賞、不都合を抱えた少年と少女の運命の出会いにより物語が動き出す。