桃音しおんのラノベ日記

桃音しおん―それは正体不明のまま大ブレイクしたラノベ作家の名前だ。一方僕は、高校生作家としてデビューしたはいいものの、三巻打ち切りから次回作も出せずにくすぶったまま。そんなある日、僕は担当編集さんから呼び出しを受ける。「突然だが、きみは小学生に興味があるか?」いやいやどういうことですか!?そのまま担当さんに押されて、僕は桃音しおんの執筆活動を手伝いに行くことになる。そして出会ったのは、まるで人形のように可憐な、全裸の、小学生の少女で―!?「今夜…わたしの家に来ませんか?おとーさんとおかーさんは、お仕事でいませんので」平凡高校生×天才小学生が織りなす、ラノベ業界の裏に迫る(?)青春ラブコメ!