モブ志向な俺がよりによって異世界巨大化無双

面倒ごとが嫌いな壬道駆流は、文化祭の準備中、クラスメイトとともに異世界に飛ばされてしまった。先見、解析、剣術――その世界を司る精霊の加護で、つぎつぎとチート級の特殊能力を身につけていくクラスメイトたち。それを尻目に、駆流が祈っていたのは『目立ちたくない』という一念のみ! そんな想いに同調してくれたのは、スキルがない無名の精霊テアケイル。これでひっそりやり過ごせると思った矢先、命の危機に晒された駆流の力が覚醒してしまい……!?