異世界ハーレムが俺に究極の選択を迫ってきた

対人関係で疲れた俺の唯一の楽しみは、小説の世界にどっぷりと浸かること。その日もいつものように一人幸せを噛みしめていたら、突然冴えないおっさんに異世界へ連れていかれました! 中世ヨーロッパ調の世界で、可憐でお茶目少女に、甘えん坊の双子の幼女、料理上手なお姉さんに囲まれて理想のハーレム生活を送……れていたら幸せだったんだろう。そう、彼女たちのもう一つの姿を知らなければ――! 第16回えんため大賞最終選考作品、笑撃の問題作。理性と衝動の狭間で揺れる、漢の異世界ハーレム叙情譚、ここに誕生!