ハイスクール・ローレライ

鼓膜から脳へ、ぐるりと快感が駆け巡る――聞こえてきたその理想の声に、俺は”ひと耳惚れ”をした。生まれつき人一倍耳が良かったせいで、上遇な時代を過ごしてきた俺が、遂に出会った美声の君! その声の主だと思われる美少女を追ってノータイムで入った朗読部は、先輩たちは優しいし同級生のイケメンも案外いい奴……なのに、なんで面倒なトラブルばっかり起きるんだ!? 第16回えんため大賞優秀賞受賞作、音利きで万事解決! 超聴覚系スクールコメディ!!