あじさいの季節に僕らは感応する

「――見つけた。彼女だ」7年前からずっと、水上瞬は見知らぬ少女の五感を共有し続けていた。勝手に頭の中に流れ込んでくる、見えるはずのない景色と聞こえるはずのない音。瞬が一方的に受信するのは、実在するかどうかも分からない少女の、喜びや痛みや『秘密』だった。修学旅行中に出会ったひとりの女の子を見た瞬間に”彼女”だと確信した瞬は、怯えられて遠ざけられながらも近づいていくのだが……。禁断の想いが直で繋がる、鮮烈の青春ストーリー。