ジャンクル!

数十年前の「大開花(だいかいか)」以来、世界は植物の密林「ジャンクル」と化した。主人公の少女・ハレタは、疫病をもたらしたとの濡れ衣を着せられ、家族とともに故郷の「ソバグリの庄」を追放される。 頭に植えたタンポポのパラプラ、「ヘルシーロゼッタ」がイマイチ気に入らないハレタは、パラプラに頼らずに人が生きられるという伝説の楽園「ヴェスペルディア」を求め、身重の母・ユウヒ、婚約者でもある弟・カゲリと、あてどない旅に発つ。放浪の「種蒔き」青年・トキシコ、庄からの追っ手・タツキ、パラプラを持たずに生きる少女・ミノリ、知能を持った初老のカラス・ガオウ。ハレタたちは、旅の過程でさまざまな生と死に出会い、世界の不思議を知り、やがて秘められた「大開花」発生の真相へ近づいていく――。