偽りの月 ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ 不思議のダンジョン

悪魔ドルアーガから塔を奪還し、世界に平和をもたらしてから3年。愛するカイとの婚礼の前日、バビリム王国の王子ギルは不思議な夢を見た。女神イシターが訪れ、カイに危険が迫っていることを告げるのだ。目覚めたギルはカイの元へと急ぐ。訪れた神殿には、カイを連れ去ろうとする魔術師・スカルドの姿があった。あえなく奪われたカイを取り戻すため、ギルは封印されたドルアーガの塔に再び挑む。