シーリング・パレス

魔法具を集め封印管理することを使命とする「館」。そこで日々雑用をこなすメイド、ミンストレルは、自分もいつかは魔法具に関わる仕事がしたいと思っていた。ある日、親友のマリーに頼み込み魔法具の「虫干し」をやらせてもらった彼女は、現れた魔聖剣メルテネートの精に、いいように遊ばれてしまう。そのうえ「外の世界」の少年まで現れ大変なことに−−。連作形式で語られる魔法と人間のちょっぴり哀しい物語。人気作家・榊一郎の原案を新人氷上慧一が爽やかな感覚で書き下ろすピュア・ファンタジー。