イスベルの戦賦(うた)

北方諸王国を統べる上王の娘・イスベルは冬隠りの祭の夜、共和国の急襲によって国を滅ぼされ、奴隷商人につかまってしまう。形見である黒い剣“天の踵”を奪われ、奴隷として送る過酷な日々―。そんな失意と焦燥のなかで彼女は自分でも気づかぬうちに勇気と強さを育て、新たなる運命を開いていく…。新城カズマ初の本格ファンタジーロマン、堂々の開幕。