Iris(イリス)

高校進学、そして中学卒業が近づいた冬の頃。主人公・瀬戸原治樹は、懐かしくも不思議な夢を見る。幼い自分と、かつての幼なじみ・末永さくらとの間で交わした大切な約束。そのさくらの留学を応援する自分に疑問を抱き始めたとき、治樹の前に一人の少女が現れる。大切な思い出を無くさないで…その言葉の真意を悟ったとき、治樹はさくらを追って卒業式の学校を飛び出していく…。