無責任黙示録

人類が宇宙に飛び出して六十数世紀。銀河の果てで遭遇した未知の知的生命体―ラアルゴンとの友好を計るため、今一人の男が旅立った。元坊主という風変わりな経歴を隠し、惑星連合宇宙軍に入隊したこの男、平松巌を待ち受けていたのは、修業よりもつらい現実と、ある漢―ファイナス山本だった。意味ありげに巌に近づく彼は、いったい何者なのか?大きな秘密と謎をはらんで始動する。