レブス ~神に見捨てられた聖女~

カルティア文明により栄え、五つの大国が鬩き合う大地、レブス。しかし、禁忌として封印されたカルティアの「力」をめぐる、秘密結社アクエルドの反乱により、レブスの地は破滅へと向かう。自らの運命により、戦乱の中で反乱軍と対峙する神官戦士ラクリマと自警団。神の法を信じ戦うラクリマに、その厚い信仰をも覆すほどの真実が襲う―!ゲーム「レブス」の完全小説化。